ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2011.04.25 Monday

Love for Japan x Ma Joly +けやき突然の来バリ

 突然けやきが来た。







けやきというのは、東京の頃からの遊び友達で
ある日ジャンベの修行をしに、世界を廻る!!!
と言って会社を辞めて
ジャンベ片手に、(最近はディジュリジュをもう一方の手で)
世界中を長い時間かけて旅をしている。
先日までオーストラリアのパースで、
チャリティーバスキングを毎日の様にしていた彼。
久々に会ったら、すっかり仙人の様なオーラになっていた 笑
最後に会ったのは世界一周に行く前、もう1年半くらい経っている。

そんな欅、「バリに来るの?」と聞いたら「UKに行く事にした〜」
と言っていたのでそうか〜。まあいつかどっかで会えるかな
なんて思っていたら
「昨日色々あって、今バリについた。」
と突然のメールが。

なんとUKの移民局で、弾かれたらしい…。
詳しくは彼の日記で。面白いよ。

http://ameblo.jp/keyakin

そんなこんなで右も左も分からないままバリに着いた欅…。
うちでとりあえずご飯食べて、
翌日Caveでやる日本人主催のイベントに一緒に行く事にした。

在住の日本人でやっている震災のチャリティーイベント。
海外に在住でも、それぞれのやり方で
なんとか支援しようとがんばっている人が沢山居る。
形は違えど、気持ちは一緒。


翌日は、MaJolyというレストランでの
チャリティーバザー。




日本人を中心としたショップが、売り上げの金額を任意でチャリティーするというもの。




中には100%rチャリティーのショップもあった。







フェイスペインティングをしているブースや
携帯やタイルなどに絵をペインとしてくれるブース。









メッセージブースもあり。














心地よい音も流れ、空は真っ青。














私たちはちょっと離れたビーチのところで、
いつものように募金活動&メッセージ活動をしに歩いた。





相変わらず、ローカルの人たちは本当に優しくて、
日本の災害の募金だと分かると、
我先にと募金をしてくれる。もちろん、ちらほらと観光客の人々も。















けやきも
「ローカルの人たちのあたたかさに、本当にびっくりしたよ!!!
ローカルの人のほぼ全員が募金してくれるなんて。
パースもみんなあたたかかったけど、これには本当に驚いた。
みんな真剣に心配してくれているし…」

その後ランチをしながら、色々話した。
オーストラリアの事、原発の事、これからの事。
自分の武器を手に入れて、はっきりとしたビジョンで突き進んでる人間を見るのは
とても気持ちがいい。
原発の事は、自分の周りに沢山熱心に活動していた人が居た筈なのに
あまり耳を傾けなかった事自体が恥ずかしいし、本当に情けない。
どこか人ごとの様に考えていたのだと思う。
これからもっと色々情報を集めて
その上で意見が言える様に沢山勉強しなくちゃ。





Ma jolyに戻ると、有志のジャンベ隊が演奏していたので
それに混ざってけやきがディジュを吹き始めた。















バザー後半戦は、完全にローカルのおばちゃんたちの天下!!






ここでも彼女達に助けられました 笑

集められたお金はインドネシアの赤十字を通して
日本の赤十字に送られます。



けやきは暫くして、ウブドに滞在するという。
音作りをしながら宿に籠るとか。
今週は、Love for Japanを北海道でやってくれた
あきさんも来バリしているのだけど
体調を崩されたみたいで未だ会えず…。

そしてタイでやってくださったYuccaさんのLove For Japanの活動はこちらから!
https://picasaweb.google.com/113962395422480259912/LOVEForJAPAN#
https://picasaweb.google.com/113962395422480259912/LOVEForJAPAN_etc#


また、このLove For Japanの活動は、
このサーバーを借りているPaperboyの
「応援する人、応援します!」に応援されています。
こちらもどうぞ宜しく!

http://ouenouen.jp/











2011.04.10 Sunday

LOVE FOR JAPAN 〜タイからも!〜と、最近のバリでの日々

こんにちは。
結局警察に行ったら今度は領事館の許可を貰ってこいと…
領事館に電話した時は最寄りの警察に行ってくれと言われたので
堂々巡りの予感 汗
でもなんとか今週がんばってみます。

ということで、書類が揃うまでとりあえず募金活動は中断して
ディスカバリーモールの裏のビーチで
メッセージを貰いに行ってきました。









また、タイに在住のYUCCAさんという方が
LOVE FOR JAPANの活動をしてくれました!
こうやって続々と世界からメッセージが集まっているのを見ると
本当に日本に元気玉を送ろうとしている人が
沢山いるんだな〜!と実感します。

http://yaplog.jp/lulala_rurara/archive/1547


















やはり彼女の場合も募金活動をしようとしたところ、
最初は許可無しでも大丈夫と言われていたのですが
いざやる段階になって、やっぱりその場所では許可が必要だと言われたのだとか。
色々と下調べをしないといけなかったな〜と
改めて私も反省。

そしてブログを通じて、バリのMA JOLYレストランの
日本人の方から、一緒にコラボレーションしませんか?という
お誘いをいただきました。



もともとその日はイースターのイベントをする予定だったらしいのですが
場所の一部をチャリティーバザーとして解放するとの事。
日本人オーナーのお店を中心とした各ショップの売り上げから、
インドネシア赤十字社を通して
日本の赤十字に寄付します。
私たちも敷地内で募金活動、メッセージ集め、
また写真を通してのイベントレポートとして参加していきたいと思います。

チャリティーバザーの売り上げの寄付の割合は任意ということですが
中には100%の寄付をするショップもあるのだとか。(原価すら引かず)
在住の日本人の方は、多分ニュースを見ていて
何かしたいけど、こちらにいて何もできず、やきもきしている人も多いと思います。
私たちは個人で活動していますが
こうやって、組織を通すといろんな人に場が与えられて
支援としては大きな力になりそうです。

ボランティアで集まったスタッフによる今回のイベント。
ジャンベセッションなども聞けるそうなので在住の方は是非遊びに来てください!



そして、最近はLOVE FOR JAPANのブログなってしまっていますが
(早くWEBページを作ってお引っ越ししないと。。。。)

それ以外にも色々ありました。


まずは例の日本語学校のJOYOさんの元生徒が、一部本当に日本に旅立つ事に。

空港まで、JOYOさんやカデたちと見送りに。








うわーーー!!!
本当に行くんだ!ビザを見るまで信じられなかったけど。。。。。
といいつつ、未だにカデや、ワヤンは行けるかどうかわかりません。



私のアイドル、ダユちゃん(20)も。






超かわいいでしょ!


彼らは3年間、名古屋にあるクリーニング会社の研修生として、
工場で働きます。
宿付き、月収は6万円。
このプログラムに参加する費用は34万円。
みんなこの月収で、日本への仕送りを考えています。

彼らにとって、本当にそれがいい道なのか、私にはわかりません。
でも後は彼らが本当に実のある経験や生活をしてくれるのを
願うのみです。
チャンスはどこにあるか分からないし。


若いダユやリアは、彼氏とも3年間遠距離になります。
この年頃の3年間は長い。。。。筈。
彼氏も空港に見送りに来ていたんだけど
宗教上の理由で、
家族には、つきあってる事も秘密。

ハグすらおおっぴらに出来なくて、
こっそり泣いている彼女達を見ていたら
本当に切ない。。。。。。









本当に、本当にがんばってくるんだよ!!!!楽しんでくるんだよ!!!!!!

見送りだす側は本当に、とっても切ないです、、、


あとは最近チェコの人たちと遊んでいます。




チェコのゲストハウスのオーナーに
ラーメン屋で話しかけられたのがきっかけ。



最近は挨拶と同時に日本はどう?って聞かれます。
やっぱりどの国からもいろんな意味で注目されています。

原発の問題も色々と聞かれる様になりました。
自分の勉強不足も恥じて、もっと情報を集めていろんな人たちと
ディスカッションしていかなくてはな、と思います。


2011.04.04 Monday

Love for Japan〜続々と他の国からも!〜

やっぱりいくら 色々と緩いこの国とはいえ、
きちんとした許可証とか、ちゃんととっておこう!
ということで
領事館に電話したら「ん〜多分最寄りの警察じゃないかな」
ということでクタの警察に行ったところ
あまり そういう件を扱ったことがないらしく
「デンパサールの警察の方に行って〜」といわれ
バイクを走らせていってみたものの
丁度閉館してしまった後でした…。残念。
来週出直すか〜。

日曜日は、珍しくほぼ一日中雨だった事もあり
クタの北は来週に延期というかんじになりました。
ということで、日曜日は「Love For Japan」のWebページを作る為に
一日DreamWeaverのお勉強。
とはいえ、コーディング全くの初心者なので
なかなか進まず!
がんばります〜。

そうこうしている間にも、タイの方やフランスの方から
募金活動とメッセージの支援をしたい!と連絡があったり

日本の北海道でも、ブログを通じて知り合ったあきさんが
チャリティーバザーを行いました。
各自が伝えたいメッセージを選んでもらい、
写真にとって、ロゴを使ってレイアウトした物を被災地の方に送ったそうです。

http://achipe.blog133.fc2.com/blog-entry-99.html



フランスのじゅんこさんも、
この週末はチャリティーバザーで、大使館に支援してもらい
TVの取材が来たりの大規模なものになったらしく
外は寒いのに1時間待ちになるほどの大盛況だったとか!
けれど、これからも長期にわたって支援したいということで、
今後もフランスでメッセージ写真と募金活動をしたいとのことでした。



他にも、写真を見たメキシコのfacebookフレンドから
かわいい写真が送られて来て





僕らも支援とメッセージに協力してもらうように
呼びかけてみる!!!とのことでした。


また、バリの総領事館からもこんな通知が今日来ていました。
総領事館からのお知らせ:総領事館周辺の交通規制】

平成23年4月4日(総11第12号)
在デンパサール日本国総領事館


東日本大震災にあたっては、世界各地で支援のイベントが開催されています。当地バリ島でも、
5日午後5時から総領事館付近のププタン・レノン広場にて、
東日本大震災支援のためのイベント「Love andFriendship for JAPAN」が開催されます。
このイベントに伴い、午後4時頃から総領事館前のJl. Raya Puputan等周辺の道路は
交通の規制が予定され
ています。当日、当館の窓口時間に変更はありませんが、
同時間帯は来館やタクシー等の利用が困難になる
恐れがありますので、ご承知願います。
以上



まだ原発の問題も収束していない今
復興への道のりはかなり長いものになると思います。
けれど世界中から長い時間をかけてを集めて
ちょっとずつでも、みんなで日本を元気にしていきましょ〜!



2011.03.31 Thursday

Love For Japan 〜番外編〜

先日
震災後から行方不明だった
Joyoさんの友人が遺体となって見つかりました。

一緒にNY旅行なども行った事があるらしく
暫くずっと信じられないと言っていたJoyoさんですが
Facebookで彼のWallに送られて来るメッセージで
本当に亡くなったんだ というのを
改めて実感していました…。

実際に繋がりのある方が、震災によって亡くなったのは
初めてなので(私自身は面識はないですが)
本当に 本当にショックです。


今は、Joyoさんや繋がりのある身内が
必死に、彼の奥さんや家族を支援しようとがんばっています。
彼女には2人の子供と、おなかの中に新しい命が居ます。
そして火葬ができず、未だ自宅に遺体が安置されているとか…。
ニュースの中の出来事ではなく、
リアルに自分と繋がりのある人間に起きていることなのかと思うと
胸が締め付けられます。
そしてそんな出来事が、何万件も起きているかと思うと…


未だ原発の問題は、収束しそうにありません。
でも、せめて日本の外に居る私ができるのは、
みんなからの前向きなメッセージを発信して行く事。

また、前回の日記を書いた後、
世界一周企画のカラメルの母体、paperboyさんから連絡があり
今後paperboyでは
「ペパボのサービスを利用し被災地支援活動を行っている団体、個人をペパボで
支援していく」

そうです。
もし個人や団体で、web上で支援活動をしている方がいらっしゃいましたら
被災地支援活動を行っているコンテンツは、ブログ、レンタルサーバー等ASPを優待
していただけるそうです。

本日から、そちらの方にもリンクを載せていただける事になりました。
http://ouenouen.jp/

4/1現在、Ustreamでなんか始めたようですね〜 

Love for Japanにも少しずつ、他の国から参加したい!とのメッセージをいただいてますが
また別に、海外でチャリティー活動をしている私の友人を紹介します。

ジャンベ奏者のけやき
http://ameblo.jp/keyakin/



写真はギターですが…



アフリカ等世界各地をジャンベ修行の為に旅して、
オーストラリアに流れ着いた彼ですが
そこで日本の災害を聞き、震災の2日後からほぼ毎日
仲間達とストリートで、チャリティ−セッションをやっています。
総募金額はすでに100万円を超えたとか。
賛同する仲間がどんどん増えて、今は地元の人などもこの活動に参加している様です。


LAのあ〜たん
一周ブログも登場した、LAに住むあ〜たん。
世界一周の企画を知ったのも彼女からで
実は今回の募金活動のきっかけになったのも彼女です。
現地の日本人仲間を集めて
週末のベニスビーチでかなり大きなチャリティーイベントを行った様です。











みんなそれぞれのやり方で、日本に対して何かできないか!ってがんばっています。
被災者の方々の迷惑にならずに、結果的に元気ややる気、利益になるのであれば
どんなやり方でもいいのだと、私は思います。
人それぞれのやり方があると思います。
募金すること自体ももちろん行動だし。
(ただ何かしたいけど何していいかわからない!という方には、こうやって、
一緒にやりませんか?って呼びかけてみて、きっかけになったらいいかとも思いますけど)



ポジティブな行動の輪が伝播して、
いろんなところで大きくなればいいと思います。




2011.03.28 Monday

Love for Japan ~貴方も参加しませんか?〜

先日から始めた募金活動。

被災者の方からもメッセージをいただき
本当に、少しでも元気に繋がっていたら
こんなに嬉しい事はありません。

活動している私たち自身が、関わってくれた方々に
本当に勇気や元気をわけてもらっています。

今、世界中が日本を思ってる。心配している。
海外の方々の話を聞くときっと、本当にそうなんだと思います。

そして昨日、アメリカに住む友人から
「私も、こっちの募金団体にはいったんだけど、
このコンセプト使わせてもらっていいかな?
これをもっともっと広めて、世界中のメッセージをもらおうよ!」


という提案がありました。

もし、本当にそういう事ができたら、凄い!!!!!!

募金は、なかなかしてくれた人の顔が見えません。
でも、してくれる人は、本当に日本の被災者の方々の事を思っています。

私たちは今インドネシア、バリ島にいますが
世界中から、日本に対して応援メッセージを発信したい人が沢山いるはずです。

そこで、今PCの前に居る貴方!!!
このプロジェクトに参加してみませんか?

必要な物は、
箱、ペン、ノート、カメラ、
そして被災者の方々を思う気持ちとちょっぴりの度胸!

箱に貼る為のロゴデータは、こちらで送りますので
それをプリントして貼るだけ!
世界中どこからでも、できます。
もちろん日本からも!









みんなの思いを、ネットと写真で被災地の方々に届けてください!!

もし本当に、沢山の人が集まったら、みんなの写真を本にしたりして
被災地の希望者の方々に、差し上げたりできたらいいな…
もし被災者の方々以外で欲しい方がいらっしゃったら、
その売り上げを全額、寄付したりなどもできたらいいな。

Don`t be a SPECTATOR!





興味のある方は、
kana5435@hotmail.co.jpまで!!!!
2011.03.28 Monday

Love for Japan〜ヌサドゥアビーチでの東日本大震災募金活動報告〜








































今日は朝から雨が降ったりやんだり、
あんまりいいお天気じゃなかったので始まりが少し遅くなってしまった。

先週から場所を変えて、
今度はヌサドゥアへ。


ココは大きな高級ホテルが建ち並ぶビーチリゾートがある地域なのだけど
まずは、ローカルの人たちが集まる方のビーチへ。

先週、ローカルの人たちのあたたかさに触れ、
今週は割と安心して募金活動ができた。

ヌサドゥアのビーチボーイや
物売りのおばさんも募金してくれ
やっぱり、バリの人たちって根があったかいな…

どこかで誰かが募金しているのを見ると、
わざわざやって来てくれる人もいる。 


そして、今回はローカルのキッズ達が本当にかわいくて!







「スンバンバガン!(募金)」といって
各々が募金をしてくれたあと




みんなで私たちを誘導して、いろんな人に
「募金してあげて!!!!」って言ってくれたり。







なんとも心強いサポーター。

ビーチリゾートでマッサージしているおばちゃんたちも
マッサージ中に募金してくれたり、
「あっちのホテルとか、いいんじゃないかな?」とかアドバイスくれたり。

途中で出会ったオーストラリア人親子。




親日家らしく、本当に心を痛めてるっていっていた。
もう少し状況が落ちついたら、日本に行こうと思ってるの、
ということでした。
なんと、このキッズ達、少し日本語がしゃべれました!!!

そして今回、Lagunaホテルの方々が本当に優しかった。



先進国のホテルでこんなことしてたら
追い返されてしまいそうだけど、
ここは5ツ☆ホテルの人たちですら迎え入れてくれた。







ボスが自分の従業員を集めて来て募金をさせてくれ、
さらに私たちにもミネラルウオーターのボトルを二つくれ、
フレッシュジュースまでいただき、




冷たいおしぼりも使うか〜!なんて…

本当にありがとうございます!!!!!!


「国から発行される証明書みたいのがあれば
もっと信用してくれるんじゃないかな。
俺たちはお前らを信じてるけど
中には疑い深い人たちもいるから…」



これは私たちも気になっていた事で
口頭で赤十字に募金します!なんていっても
いまいち説得力にかける気がして。
安心して募金してもらう為にも、何かそういう証明書みたいなものを
発行してもらうように、準備したほうがよさそうだな。

途中ビジネスでこちらに来ている日本人の方々にも遭遇し
「こんなところで日本人の人が募金しているのを見て、
感動したわ!」なんて声をかけていただきました。




いまりという、バティックのブランドの方々だそうです!
素敵ですよ☆
http://imari.asia/


その後、私たちがプライベートでよくいく
gegerビーチという場所に移動。
よくJoyoさんが、ここの売り子のキッズ達との会話を楽しんでいるので
到着するなりJoyoさんの名前を連呼する子供達。

いつも色々売りに来る子達だけど
私たちが今日何をやっているのか説明すると
大人も集めてみんなで募金をしてくれた。
凄い人だかり。





メッセージを書いて〜!と言ったら
子供たちが、募金してくれたビーチの人々の名前を、
リストみたいにして書いてくれた。





彼らも「家族は?友達は?」と心配そうに聞いてきました。



また子供達が箱を持って、一緒に回ってくれる。







そして、この人



NYの消防士さん。
なんとあの9.11の救助活動に加わった一人なのです。
「僕らも、あの惨劇を味わってるから、日本の気持ちがわかるよ…。僕もあの事件で、友人を60人くらい失っているし…。今日本は本当に深刻な問題になってきている。本当に、心から応援するよ」

今回は雨が降ったりやんだりで
あまりお天気がよくなかったのと
クタほど人が多くなく、場所が広いので、金額は少しおさえめですが
それでもこちらの人たちは、本当にみんな
日本を、心から心配し、応援していました!!!!!!!


その他の写真はこちらから
http://30d.jp/sandyrainbow/7
写真を見る為の合い言葉は「Love」です。
(せっかくのメッセージが見にくくてすみません!!…次回は太めのマジックにしよう…)


本日は
Rp. 1,552,700
日本円にして¥14,478(Yahoo 参照)





今日付けでJoyoさんの口座から振り込ませていただきました。
ヌサドゥアビーチの皆様、本当にありがとうございます!!!!!

来週は、またクタビーチの北のほうで活動する予定です!!
協力してくれる方、募集中です。
興味を持たれたバリ在住の方がいらっしゃいましたら
kana5435@hotmail.co.jpまでメールください。

2011.03.20 Sunday

Love for Japan〜クタビーチでの東日本大震災募金活動報告〜











]]


































]
















その他の写真はこちらです。
http://30d.jp/sandyrainbow/7
写真を見る為の合い言葉は「Love」です。

彼らのメッセージは、読みにくい写真は下のコメント欄に書いてあります。
アップロードされたものよりも大きく表示されてしまうようなので
75%以下で見てください。



今日募金活動行ってきました。




実は今回の私流の募金というのは、
募金してくれた人に、日本に対するメッセージを書いてもらい
写真を撮るというもの。
海外でこうゆう活動するのは初めてだったので
本当にみんな立ち止まってくれるかな〜と若干不安。

まずはクタスクエアの側の道で、募金活動をすることに。
欧米人観光客が多いので、そちらの方が効果ありそうだなーと思ったのです。
「Hello!今日本の震災の被害者に対して募金活動をしています!」
と声をかけてみるものの
目も合わせずに通りすぎる人たち…まあそんなもんかー…
と若干へこみ気味になったとき

真後ろにあったポールスミスの店員が、いきなりドアを開けた。
「やばい!店の前でこんなことしてたから怒られる!移動しよう!」と言ったら
「あなたたち、日本の募金活動しているの!?これ、みんなからよ!」
といきなり募金をしてくれました。

おおーー!

感動!!!



そのままその場所でしばらくがんばってみたものの
反応はいまいち。。。。

「ビーチの方に移動する?」

ということで、そのままクタビーチへ。

移動している最中に、日本人の男の子達に会う。
1人は宮城出身で、家も流され、妹を亡くしたらしい…
本当になんていっていいか分からなかった。



実は、今回、募金してくれるのは欧米人観光客がほとんどだろうと思っていた。
ストリートにいる、物乞いの子供達。
そんな状況を沢山目にするのに
彼らにとって「豊か」の象徴である日本に、震災とはいえ
ローカルの人が募金などしてくれるのだろうか。
大体、募金などする余裕があるんだろうか。

ところが、クタビーチに入ったとたん
最初に声をかけてくれたのは、
いつも物売りをしてるおばちゃんたちでした。

「テレビでいつも見てるわよー!!!!」
「本当に大変そうね…考えられないわ。恐ろしい。でも、本当にがんばってね!!」
「貴方達の家族は大丈夫なの?」

みんな次々に声をかけてくれます。

その後も続々と、ビーチボーイや、露天のおばさんや…
ビーチボーイもメッセージ書くのに、「俺らイメージ悪いけどね!」なんて言ったり 笑
「あっちの方の人たちにも、俺言って来てやるよ!!!」って
箱もっていろんな人のところに一緒に回ってくれたり。

けど、実は今回の企画には大きな誤算がありました。
というのは、ここにいるローカルの人たちは
ちゃんとした教育を受けておらず、文字を書けない人が多いのです。
そんな人たちが、日本の為に、募金をしてくれたのです。










写真を遠慮する人も多かったので
実際はこの写真よりも、沢山の人たちが募金をしてくれました。









本当に人だかりができて、なかなか次の人にメッセージを書いてもらえなくなったり、
そのくらい、みんなあたたかかったです。
以前さきちゃんにシャツを買われたおばちゃんも 募金してくれたり 笑

ご飯を食べていたら、またローカルのおじさんが話しかけてきました。
「本当に…恐ろしい事だよ。
テレビずっと見てるけど、この世のものとは思えない。
俺は日本にマブダチがたくさんいるんだ。
こうゆうときは…俺たち同じ人間だろ?
違う言葉を話しているっていうだけだ。
叩いたら痛いし、同じ様に感じるんだ。助け合うのが当然だよ


その言葉を聞いて、涙が出ました。


そう言って、彼は私たちに飲み物を買ってくれました。

「俺も時間があったら参加したいくらいだよ。
夜とかレストランでもなんでもどんどん行ってみるといい。
ここは、そういうことやっても大丈夫だよ。
Love for Japan っていう言葉で、今は
だれだって理解するよ。
もし困った事があったら、俺に連絡しなよ。なんでも手助けするよ。」

その後も観光客、ローカル、いろんな国の人、
老若男女問わず本当に色々な人が募金してくれて
やっているこっちの方が沢山の元気をわけてもらった。

本日の募金集計:
RP.2,778,000+US$7+AUS$5+¥1000
でした!!!!
これを本日の円相場に換算すると(Yahoo参照)

¥26,730

です。
こちらを全額今日付けで、Joyoさんの日本の口座から
日本赤十字社に送らせていただきました。(送金手数料をかけない為)
↑何か他に現金を送るいい案があったら教えてください。







(もちろん金額の問題ではないのですが)この金額は、日本人からしてみれば
あまり大きなものと思えないかもしれません。
けど、こちらの収入は、日本の収入の10分の1以下です。
ビーチの物売りの方々は、多分もっと低いでしょう。
そう考えたら、彼らにとっては本当にもの凄く大きな支援です。

私たちは今後も場所を変えながら活動を続けます!
バリ在住の方で、興味がある方がいましたら、
是非是非一緒に参加してください!










2011.03.20 Sunday

【バリ島】クタビーチにて募金活動!そしてJoyoさん色々盗まれるの巻…

突然ですが
今日の朝9時30ごろからバリ島クタビーチにて
東日本大震災に向けた募金活動を行います。



そんなわけで、昨日段ボールで即席で募金箱を作りました。




海外に居る友人達は本当にパワフルで
オーストラリアに居る友人は
ジャンベを叩いて毎日募金活動をし
LAに住んでいるあ〜たんも、
週末のべニスビーチで人を募って募金活動をするという。

おとといの夜、あ〜たんと話していて
「私もなんかしたいんだけど…、何をしていいかわからない…」
のような事を話していたら
みんな口では「何かしたい」と言いながらも
行動に移せない人が本当に多いんだよね

と言われ…


しまった。





自分の投票の時はあれだけ真剣になって
かぶり物までして渋谷の駅前に出てたくせに
バリで日本の為にそれができないなんて、あるか!!!!!

ぐちゃぐちゃ言う前に行動しなければ
でも、どうせやるなら普通に募金活動するよりは
少し自分風味にアレンジした物をしようと思っています。



今回集まったお金は日本赤十字社に全額寄付する予定です。




と、

気合いを入れていたのですが
昨日なんとJoyoさんが、
iPhone をはじめ、免許など現金以外の全ての貴重品を失う(盗まれる…?)
という災難に見舞われました。
まあ被災者の方々の苦労に比べたら微々たるものかもしれませんが…

警察に行ったり、カード止めたりやらなくちゃ行けない事が
沢山あるので1人でやることになるかもしれませんが…
だれかバリ島の人一緒にやりませんかー。



さて、今から行ってきます!

Powered by
30days Album