ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 皆既日食、ケアンズの旅 TOTAL SOLAR ECLIPSE in cairns | main | 皆既日食、ケアンズの旅 3ーTOTAL SOLAR ECLIPSE in cairns >>
2012.12.12 Wednesday

皆既日食、ケアンズの旅 2ーTOTAL SOLAR ECLIPSE in cairns

世界中から、
楽しい事にどん欲な人たちが集まるパーティが、おもしろく無い訳が無い。





会場自体もとても広くて、
少なくともうちの村から端っこのステージにいくまで、
20分くらい歩いたと思う。

広大な土地を活かして作られた完成度の高いステージ達。

大好きだったハウルの動く城的なスカイステージ。







海賊船をイメージしてつくられたムーンステージ。 などなど。







踊る場所以外にもワークショップのスペースや
講演?みたいなのしているスペース
サイケデリックアートの販売スペース、
物販のブースや
飲食のお店…。



















どこも完成度が高くて、世界観が凄くて、居る人たちの衣装も面白くって
一週間だけの儚いファンタジーの街が造られる様子はバーニングマンに似ている。
欧米の人たちはこういう楽しみ方が上手なのかな。

パーティといっても一週間近くあるものなので、
私は基本的に夜はきちんと寝て、朝は早く起きて
外にある一回5ドルのシャワー(最高に気持ちいい!)を浴びるという規則正しい生活を送っていた。


これは飲み水の場所だけど実際にシャワー場みたいのもあったよ。


あーたん手作りの日食帽子を買って、気分もさらに上昇。



この写真はなんと、soshくん
(カラメルの最終選考でも一緒だった、その前から知り合いだったコ)
が偶然私だと気づかずに撮ってたというw←行ってた事もお互い後から知った

日食は朝7時すぎということで
前日朝3時くらいにはみんなを起こし合って
会場に向かう。

空を見あげると、ばっちり満点の星が空を覆っていた。

ああ、今度こそは。今度こそは。





けど、この時点で私の満足度はかなりマックスで
(オーストラリアに対しても、パーティに対しても、みんなといることの心地よさも、色々で)
最悪見れなくても、今回は悔し涙も流れなそうだぜー、なんて心の奥で少し強がっていた。


けど、やっぱり見たいよね。3年、待ったもんね。ほんと。

この3年は本当に自分にとっても世界一周→バリ→沖縄と色々あったコユイ3年だったけど
頭の片隅ではいつもオーストラリアの日食の事があった。

そして、
ついにきた。
今日。その瞬間が。

気持ちを落ち着ける為に、とにかく写真を撮りまくる。


でも色々撮ってるうちにやっぱりだいすきな仲間達に眼がいってしまう。




みんなそれぞれの気持ちで
この瞬間を待ってたんだ。




ファインダーを通してみんなの感情がびしびし伝わる。






日が昇り始めると、感極まって
泣き出す仲間達。





すでに太陽の上、左端は欠けていた。




雲は無い。(ちょっとだけ、薄いのはかかってたけどね)
私はそれでも割と冷静に、欠けていく太陽を見ていた。
少しずつ、少しずつ食が大きくなって、






鳥達が大騒ぎして羽ばたいて行った。

友達の2歳の娘は、旅の間ほとんどぐずることがなかったのに、
食が始まってからというもの号泣しはじめた。





さっきまで暖かかったのに、どんどん寒くなる。

日食グラスを通してみると、太陽は完全に細い弧になっている。
驚いた事に、太陽は本当に細い弧の状態でも
強烈な光で、直接見る事ができない。


そして




太陽と月が完全に重なりあう瞬間 










それは本当に突然に
世界がポジからネガになった瞬間だった。



反転してしまったんだ。






!”#”$#%$&%’(’(’)!!!!!!!!!!!!






私は声にならない声をあげて
号泣していた






空にぽっかり浮かんでいる この世のものとは思えないなにか
地球と月と太陽が奇跡的な距離で一直線になる瞬間。



自分の想像とか 期待とか
遥かに超越した何かが空にぽっかり浮かんでいた。


何かのフィルターを通してではなく
自分のこの眼でみているもの。
写真で何度も見てる、それとは全く違う 私の目の前にあるもの。
太陽の周りを囲んでいるコロナは ふわふわと渦巻いて動いていて

生きていた。



そして、



ダイヤモンドリング。






刺す様な、強烈な、美しい、美しい、光。
これも写真でみたものなんかとは全く違う。





さっきまでモノクロだった世界は突然色を取り戻して、
太陽の暖かさに包まれて行くのを全身で感じる。




みんな緊張が解けて、感動のあまり抱き合う。



私は暫く、感情の整理がつかないまま 呆然としていた。



「言葉で表せない感情」



みんなが同じ様にそう言ったのが印象的だった。





コメント
サンディーさんコンニチハ。
バリ島からいつもチェックしていますよ!
自由に羽ばたいていますね。
貴重な危険をしているサンディーさんが
うらやましくもあります。
素敵な写真をありがとう。
  • プトゥ・ヒロミ
  • 2012.12.15 Saturday 14:19
ヒロミサン

チェックしていただいてありがとうございます!
うれしいです。
なんか遊んでばっかりみたいですが 笑
普段はふつーに沖縄で働いておりますー 笑
これからもよろしくお願いしますね☆
4年後にインドネシアでも皆既日食見れるはずですよ!
  • Sandy
  • 2012.12.17 Monday 15:35
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。
エントリーシートと封筒さん

ありがとうございます!うれしいです。
また是非遊びに来てくださいね★


  • Sandy
  • 2013.03.15 Friday 09:22
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album