ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 鎖骨骨折と父親との時間 | main | あけましておめでとうございます >>
2013.07.12 Friday

My dad went over the rainbow.






七夕の翌日に、父が他界しました。



過去に対しての後悔はあまりしない方ですが
父の事に関しては 多分人生で一番大きな後悔が残りました。
家族全員。

かなり不器用な人で、
父自身が愛情をかけて育てられなかったので
私たちに対する愛情表現の仕方も分からなかったんだと思う。
けどどんなにいびつな形をしていても
それが彼の表現だってことを
もっと私たちは受け入れるべきだったんだと思う。
昔父に言われた事や、された事のネガティブな部分を大きくとりあげて
意地になって、父親のそういう部分を見ようとしてなかった
自分のガキさ加減に本当に本当に腹がたつ。
気づいた時には彼に意識は無かったよ。


自分の半径3m以内の人を愛せなくて
ラブ&ピースなんて本当にないと思う。

もっと早く気づいて、私たちの方から
愛情をかけてあげれば
父のもっと違う面が沢山見れたかもしれないし
そうすることで、もっと私たち自身が父に優しくなれたかもしれないし
それでみんなハッピーになって。
そんないい連鎖が生まれたかもしれないのに。


一度も母から父に対する愛情の言葉を聞いた事が無かったけど
「最後にまた生まれたら一緒になろうね」って聞いたときは
夫婦というものの、絆の深さを感じた。
お父さんが聞いたら一番嬉しい言葉だろうな。


この後悔は胸に刻んで
でももの凄く大きな学びがあった。

今は
父が一番愛していた母を、私たち兄妹で全力で幸せにするのが
父親に対する遅くなった一番の孝行なんだと思う。

何がいつ起きても後悔しない様に
身近な人に全力で愛を注ごう。
コメント
お父さんへの想い、何だか両親に対する想いと重なりました。そばの人を愛する。本当に私もそうして行こうと思います?

ところで、、、
このコメントで恐縮ですがサンディさんに撮影のご依頼をしたいとら思っています。プロフィールに明記されていたアドレスでは届きませんでしたので、一度今ご使用のアドレスを教えて頂けますか。私のメルアドにご連絡を頂けると幸いです。
よろしくお願いします。

  • 友梨
  • 2013.08.21 Wednesday 14:35
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album