ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< グラフィックデザインーアルバムのビジュアル作り | main | バリ島まであと一週間 >>
2010.11.27 Saturday

福生再び!と介護のお仕事

お久しぶりです!!!

あと3日でとりあえずの引っ越しで
てんやわんやで死にそうです!!!

さて、先日また福生のイベントの撮影に行って参りました。
しかも、前回頼んでくれたGAKU君とは
全然別ルートからだったのに、
また同じクラブ、COSVINA。
縁があるみたいです。



んー福生。
駅降りたら相変わらず国籍不明。

実はこの日結婚式の撮影の後で
体力的にもつかちょっと不安だったんですけど
レッドブル飲んでがんばってきました!
撮影行く前に必ずレッドブル飲んでしまいます。

ウコンと一緒で信じるものは救われるのだと信じています。

COSVINAは超スーパー暗いし狭いので、(こんなかんじ)




ストロボは直であてて
ビビッドなポートレートを沢山撮りました。

このドラァグクィーンのお姉さん(?)かわゆかった!!!!




あれあれ?
たまたま前回呼んでくれたGAKU君も来ていました。
世間せまっ





日食で出会ったCandyちゃん。





日食祭で彼女の写真を撮って、送ってあげたのがきっかけで
彼女の彼氏さんより
今回のイベントのお仕事をいただきました。

彼↓なんか青い炎みたいになってますが 笑






クラブに入るなり
「今回はSandyをみんなに紹介したくて呼んだのもあるんだよー!
だから写真もある程度撮ったら、楽しんで行って!!」

うおーーー
ありがたいお言葉!
けど久しぶりの夜遊び現場で、撮ってるだけでも
雰囲気伝わって来て本当に楽しい!!!!
ブライダルを仕事にしてから全く週末遊べなくなってしまったので…。





元気なおじいちゃんも。
ブラジルに住んでいたとかでノリがラテン。











影絵アーティストなんかもいました。















この人変態っぽかった(いい意味で)









可愛いギャルズも!









感想。

めっちゃめっちゃ楽しかった!!!!!
体力的に厳しいかと思ったら
楽しくなっちゃって最後まで全然元気だったし!!

福生の人々みんなあったかい〜〜〜〜〜
楽しくなりすぎてカメラを壊さないかどうかだけが不安だったけど
やっぱりたまに夜のイベントを撮るのも楽しい!

呼んでくれたAKC君とCANDYちゃん、本当にありがとう!!
また絶対福生に遊びに行きます!!!


******************************************************


別のお話。
20代のはじめのとき
ある少し年下の女の子と友達になって
その子はとってもギャルなのに
(アルバとか着てた。元ヤマンバだったらしい)
なんかもの凄くいい オーラを出してて
すぐ友達になって 一緒に遊び行ったりしてた。 


 
でもその子は裏の世界でしか生きた事がなくって
(裏といってもそこまでハードコアな方面じゃないけど)
このまま この先大丈夫かなーって少し不安に思っていた。
っていうのは、やっぱり裏の世界って
お金はいいけど いろんなリスクがあるから。
PCもほとんど触った事が無い子だった。

ある日、彼女が働いていた職場に警察が入って
その子も逮捕された。
その事がかなりショックだったらしく
その後、自力で
普通の会社の仕事を見つけ、
(お給料が半分くらいになるにも関わらず)
しっかりその会社でPCのスキルも身につけ、真面目に何年間か働いた
けどそこの会社もブラック企業で
給料未払いとかになって裁判起こしたりして

そして彼女は
こんな時代だからと、何か身につけないとと決心し
介護の資格を取る事にした。
最初私も偉そうに
「介護なんてすっごい大変だし、お給料も安いし
本当に大丈夫なの!?」って
内心「お嬢様(実際そう)なこの子に勤まるわけない」って
思ってた。

「大丈夫だよ。私がんばる」

学校に行ってしばらくして資格がとれた報告があった。
そしてある日電話がかかってきた。
「かなちゃん!私来月から働く事になったの!こんなにいきなり働けるのって珍しいんだよ」


今日久しぶりに電話をしたら
ちゃんと介護のお仕事を続けていて
「大変だけど、おばあちゃんのお話とか聞けるし、楽しいよ。
暴力的な人とかもいるから体中あざだらけだけど。
可愛いおばあちゃんもいっぱいいるしね」

若い頃から高かった生活水準を落とすだけでも大変なのに
生半可な気持ちでできる仕事じゃないのに
本当に本当に本当に凄い。

うちもほぼ介護の親がいるので
ましてや他人の世話をできるなんて
私には…多分、いや絶対無理…

本当尊敬した。いろいろと。

「でも、この世界凄いださい子が多くってさ〜!!!
私、ああはなりたくないんだよね!!!もう1人ギャルで10年くらい
介護の仕事してる仲間がいてさ、その子と
うちらは、どんなに大変でも絶対に綺麗にしてようね!
って誓ったんだ!!!」

…増々尊敬した。
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album