ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【バリ島】NPO法人からの仕事のオファー in Bali(写真は後ほど) | main | 【バリ島】バリの黒魔術とおまじない >>
2011.01.10 Monday

【バリ島】海外企業研修生の実情と、日本のストレス社会

カデおすすめの屋台のお菓子屋さん。
揚げたお菓子に、お餅みたいなものと
ココナッツ、黒蜜みたいなものをトッピングして20円ほど














Joyoさん、先生として初めての授業に行って来た。
ここからはjoyoさんから聞いた話と織り交ぜて。




(この写真は前回の授業風景。携帯写真でごめんなさい)



オーナーのヘリに「どうやってやればいいんですか?」と聞いたら
「ゆっくりゆっくりね〜〜〜基本日本語でね〜〜〜」とだけ言って
Joyoさんの自己紹介をして
初日なのに、授業風景も一度も見ずに、去って行ったらしい。
やっぱりゆるい。

けど生徒さん達はみんな真剣。

来月から名古屋に行く研修生ばかりなので
向こうの生活に馴染めるかどうか
彼らは本当に不安なのだ。

電車の乗り方、トイレの使い方、
(多分世界で一番厳しい)携帯電話のマナー
ちょっと考えるだけでも違う事だらけ。
女の子達は
「日本のお化けはとっても怖いって聞いたんですけど!!」
なんて事も質問してきたらしい。 笑

このプログラム、参加するのに
35万円ほどかかる。
これには旅費、こちらの日本語学校での5ヶ月間の学費、
日本での一ヶ月間の日本語学校の学費が含まれる。

こう書くと、日本人にはそれほど高くない様に思えるかもしれないけど
現地人の平均月収が2万円くらいだと考えると
彼らにとっては、とても大きな金額だ。
(平均月収が10分の1くらいなのに、物価は5分の1くらい。
そう考えると、決して余裕がある生活で無い筈)

35万円のうち10万円はこっちで払い、残りの金額を
日本で働きながら返す事になる。

寮みたいなものは用意されるが
月収は7〜8万円と
日本で暮らして行くのには、とても余裕がある金額とは思えない。


企業の研修生と言っても、仕事はクリーニングの会社で、
アイロンプレスの仕事を3年間する事。
週5日のフルタイムが基本で、土曜日も残業がある。

私が以前高円寺で暮らしていたアパートの下はクリーニング屋で、
そこでもたくさんの東南アジア系の外国人が働いていた。
大家さんが経営しているクリーニング屋だったのだけど
外国人を雇う事で、国から助成金をもらっているって言う話をしていた。

旅費や学費は彼ら負担で、外国から安い労働力を詐取して
国からも助成金をもらう。
企業にとっては美味しい話ではあるけれど
彼らが日本にいざ行って、失望しないかなー…なんて気持ちにもなったりする。
日本は全てがピシッピシッとオーガナイズされている国。
同じ「働く」と言ってもバリの様に緩く働けるわけではなく
大体どこで働いていても、それなりのストレスが伴うと思う。

日本は、みんなが気持ちよくストレス無く暮らす為に、いろんな事に気を使って
逆にストレスを溜め込んでいるような部分がある気がする。
お客さんがいなくても、従業員同士あまり無駄口をせず、必死に働く人たち。
こっちの人たちは、働く事に対しておおらかなので
そういう意味でのストレスは少なそうだ。その分ミスとかも多いけど。
ただ基本的にお客さんも、自分がそうやって働いているので、
人のミスに対しても寛容だ。
こっちの人がよく言う言葉「ティダ アパアパ」
「どうってことない」「気にしない」みたいな意味だ。
お互いがお互いに対して寛容なのだ。


「夜もできる事ならバイトして、お金を貯めたい!」
と彼らは言う。確かに日本で働いたお金をそのまま持ってくれば
ここではかなりの大金になる。
でも、それがどれくらいのストレスになるのか、彼らは想像できているのだろうか。
働きすぎて、ストレス溜め込んで、日本が嫌いにならなければいいけど…。



「がんばります!」と言う彼らのキラキラした目が、
3年後に曇ってない事を願います。





コメント
こんばんは!
joyoさん、仕事始めたんですね!良かった!
お二人とも元気そうで何よりです☆

バリで話したアリ(sandyも知ってるって言ってたよね?)さんも、日本で働くことは厳しかったって言ってました。
働く量は多いし、でも物価は高くて生活するだけで大変って。

日本人は働きすぎだなーと、日本の正月を迎えて思ったばっかり。どこも元日からフルオープン。
求められるから仕方ない面と、ゆっくりすることも大事にしたらいいのにと思う面と...

皆が生きやすい世の中がいいのにね。

  • maruco
  • 2011.01.11 Tuesday 22:26
Marucoさん
バリにずっと住むかはわからないけど
もう東京には戻れない予感がしています…
東京じゃなかったら、日本でもいいのかもしれませんが。

働く為に生きるのか生きる為に働くのか分からなくなってしまうほどbusyな生活を送らなくちゃいけない反面
それを詐取する側の人間もいるんだなあ〜と
改めて考えてしまう今日このごろです。
  • Sandy
  • 2011.01.12 Wednesday 01:11
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
ストレスを捨てる技術!!
実は私の知人にも数人パワーハラスメント(職権を利用したいやがらせ)によって 退職...
  • 夢のマニュアル
  • 2011/01/16 7:07 PM
Powered by
30days Album