ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【バリ島】シガラジャの儀式ー命を食べるという事 | main | 【バリ島】癒しの島の深刻なゴミ問題。 >>
2011.02.20 Sunday

【バリ島】シガラジャの儀式ー命を食べるという事◆蔽蹇〇長鷁菫有り)

※今回の日記は残酷な画像が含まれています。
苦手な方は、見ないでください。



雷の音が大きいうえに
イナズマの光で目の奥がチカチカして、ほとんど眠れなかった。





そこら中に落ちているんじゃないか。
そんな音。
光った瞬間、ド〜ン!!!!って。

田舎の山の中ならではなのかと思ったら、そんなことないよ〜!私たちも
全然眠れなかった、とカデ。

そして朝は本当にコケコッコー!で起こされる。
鶏って、本当に朝鳴くんだなあ。








屠殺は、朝早い時間に行われる。
7時くらいに庭に出ると、もう隣の家畜場から
若いメス豚が運ばれて来ていた。



ぷぎ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!

ぷぎ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!


豚も自分がこれから殺される事を分かっているのか
凄い断末魔の雄叫びをあげている。
「助けて、嫌だ、死にたく無い!!!!!!!」

本当にそう言っているように聞こえるのだ。



男手で、子豚を手際よく縛り上げる。


子豚の声に呼応する様に、隣の家畜場から他の豚たちの鳴き声がする。

彼女が殺される事に、気づいているのだろうか。

「その時」が近づくにつれ、さらに激しい叫び声になる。
最後の彼女の、恐怖に満ちた目が忘れられない。





屠殺の仕方は、地域によるらしいけど
ここでは、ナイフで首の急所をひと突き。




首をそのまま切り落とす地域もあるらしい。



ウッ… ウ…

ちょっとずつ彼女の気が遠くなって行く。

魂が抜けて行く。
生き物から、死体になった、そんな感じだった。






お祈りのようなものをしてから、焼き始める。




生き物がこうして殺される瞬間を、初めて見たので
あまりのショックで吐きそうになった。

私は街で生まれて育って
お肉は全部パック詰めで
野菜もどこから来たのかわからなくって
それを適当にチョイスしているだけ。

でも。


お肉は全部、元々は生きていて、
それがバリとか国とかに関わらず、日本でもこうやって毎日殺されていて
一頭一頭、凄い思いで彼らが死んで行って
それをいただいている。



「いただきます」

は生産者はもちろん、生き物に対して、この命をいただきます。
そういう意味もこめられていたんだ。



死体を焼いて、解体して、内蔵を全部取り出す。
肉をミンチにして、
腸を取り出して、ソーセージにする。





生々しい。






そして、どんどん薫製にしていく。












生き物が、死体になり、食べ物になっていく。

これが「肉を食べるということ」なんだ。






今度は、鶏の屠殺。

死の恐怖は、どの動物も一緒。
張り裂けんばかりの声をあげる。
ナイフで急所をひとつきすると、




そのまま大暴れして、足をけいれんさせて、死んで行った。








いったん全てを焼き終えたら、休憩して、セレモニーの準備。


ヤシの実だって、こうやって、自力で登ってとるのだ。




今回の儀式は、近所の人たちや
親戚だけの、小さなもの。

バリではこういう儀式がたくさんあり、
みんなその為に会社を休んだりするのだが
決して楽な仕事ではない。
お金も凄いかかるし、一日中動き回って
男はこういった屠殺の準備をやったり、女は料理を大量に作ったり
掃除をしたり。
けれど、これが生活に完全に根付いている。























お祈りをひと通り終えると、さっきの豚が、装飾されて運ばれて来た。




夜には、私たちも豚を食べた。


脂が乗って、とても美味しかった。


複雑な気分。。。。。。




あの子豚や鶏の雄叫びや、最後の目が、焼き付いて離れない。
二度とお肉は残せないと思う。


今日も自分を生かしてくれる、全ての命に感謝。






コメント
私は実際に見た事ないんだけど
特に感じたのは最後の目の写真だな。

見た事は無いし、見た方がいいんだろうけど、本音を言えば見たくない。

とりあえず、見る機会が来るひまで
私はいつも
「ありがとう」
「いただきます」
とは思っている。
  • みーたん
  • 2011.02.20 Sunday 09:57
絶対見る必要ってのはないけど
知っておかなくちゃいけない、
常に頭のどっかに置いておかなくちゃ
いけないことだな、と思った。
多分繊細な人は、お肉食べれなくなると思う。


感謝の気持ちを忘れずに。
そこさえ忘れなければ。
  • Sandy
  • 2011.02.20 Sunday 10:06
やっぱりバリですねー。
写真もめっちゃ素敵です。
ほんまにセレモニーの感じとか伝わって来てめっちゃ引き込まれてしまった。。。
見終わった後、フーってまりました。笑

バリのそういう食べ物に対しての尊敬の念っていうか心が好きです。
そんでお年寄りから子供までみんながそういう儀式を大切にしてるってのがめっちゃ素敵ですよね><

ほんとにすべてに感謝です。
  • ムック
  • 2011.02.20 Sunday 19:19
ありがとうー。
本当はもっと沢山、生なましい写真もあったのだけど
そういう衝撃の写真に
もっていってしまうのもなんか嫌で。

こっちの人は、ものを食べるという事を
もっと分かっているよね。
それが、普通に文化に根付いていて。
そういうところは、
いい意味でカルチャーショックだった。
  • Sandy
  • 2011.02.20 Sunday 20:26
良い経験したね!!「死」と「産」に立ち会うと得る物はたくさんあるきがする。
「いただきます」っていう本当の意味とか、肉が食べ物になる過程を知る事って本当に大事だと思うし、肉となる動物にどんな過程をたどらせるかが大きな問題だなって個人的には思うんだ。Sandyが今回見たような儀式では、命に対しての感謝の心みたなものが感じられたんじゃないかと思うけど、実際先進国で出回ってる肉がたどる過程は、命に対しての感謝などは無く、生産物としてしか扱われない「命」がそこにある。そして、余ったら捨てる。それが嫌なだけなんだ。下に貼ったURLには多くの「肉」がたどる経過がある。この機会に、もしも知る勇気があったら見てみて!長々と失礼!!
http://macveg.blog68.fc2.com/blog-entry-420.html
「いのちの食べ方」http://www.espace-sarou.co.jp/inochi/
  • Carrey
  • 2011.02.21 Monday 23:33
>Carrey

リンク先見て色々考えさせられたよ…
まだまだ知らない事がいっぱいあるなって。
本当、今回の屠殺を見て一番感じたのは
豚も鶏も、死を感じる恐怖は人間と一緒で
人間もなんら変わりのない、同じ動物なんだっていうこと。
「猿の惑星」とかでも
逆転して人間が家畜みたいになってるけど
つまり、そういうことなんだなあと。

私はベガンにはなれないけど
肉を食べるという事にもっと真剣に
向合わないとな〜と思った。
  • Sandy
  • 2011.02.22 Tuesday 02:00
初めてコメントさせていただきます。まぁちゃんです。
いつもSandyさんのブログを楽しみにしています♪
いつも興味深い記事だなぁと読んでいましたが、今回の記事は特に心に響きました。
私が住んでいる宮崎でも口蹄疫でたくさんの牛や豚が殺処分されました。鳥インフルエンザでたくさんの鳥たちが殺処分されました。
ただただ見ているだけしかできなかった自分の無力さを感じたり、生産者の悲痛な声に涙したり。
私達が口にするものは、すべて命あるもの。感謝を忘れず、大事に大事に味わいたいです。
心を込めて「いただきます」「ごちそうさま」を言うことを絶対に忘れないようにしたいです。
これからもSandyさんのご活躍を心から楽しみにしています(^^)
はじめまして!
いつも読んでくださってありがとうございます。

宮崎の口蹄疫の時は
ニュースを見てて、とても切なくなりましたが
いざこうやって、動物が殺されるのを
目の前にすると
本当に、人間も動物の一種で
殺されるという恐怖や痛みは何も変わらないんだ、と。

宮崎の時は、健康な他の動物も
たくさん犠牲になったと思います。
そう考えるとやりきれませんね…。
  • Sandy
  • 2011.02.26 Saturday 14:58
Sandyさん、コメントありがとうございます〜♪

ほんと。動物もちゃんと状況を分かっているんですよね。
たくさんの命で育っている私たちの命を
どんなふうに使っていくのか。

自分の人生を思い切り生きることこそが、
私たちの身体を作ってくれている動物や自然への感謝になると思います。

もっと自分の身体も愛してあげたいな。
この記事僕のブログにはらせていただきたいのですが、
はってもよろしいでしょうか?

まずければ、やめます。
お返事ください。
  • キモクマ
  • 2011.02.28 Monday 16:57
>キモクマさん
基本的にリンクはフリーです。
ありがとうございます!
  • Sandy
  • 2011.02.28 Monday 20:40
あ、はられた際には、
URLだけ教えてください!
  • Sandy
  • 2011.02.28 Monday 20:42
twitterからやってきました!
はじめまして。
私もあの目にドキリとさせられました。
毎日食べる事への感謝と生きている事への感謝。
動物達への感謝、自分を支えてくれている人への感謝。
忘れないように、考えさせられました。
リンクさせていただけますか?
よろしくお願いします。
分かりました!
乗せたときすぐお知らせします。
  • キモクマ
  • 2011.03.01 Tuesday 20:20
>ジューべーママさま
はじめまして!
リンク、ありがとうございます。

普段都会で生活していると
全てがオートマティックで忘れてしまう事って
多いですよね。
いただきます、ごちそうさま。

本当の意味を忘れてしまってました。
  • Sandy
  • 2011.03.01 Tuesday 21:32
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album