ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< LOVE FOR JAPAN 〜タイからも!〜と、最近のバリでの日々 | main | Love for Japan x Ma Joly +けやき突然の来バリ >>
2011.04.17 Sunday

価値観とモラルの違い。

結局、領事館に連絡したら
募金活動とかの許可とか、そういう書類の発行は行っていない
ということでした。
まあ、そりゃそうだ…。
私たちが実際に、ちゃんとした団体に届けているかどうかというのも
領事館からしたら、お互いの信用問題なだけで、
それに対して書類を発行するというのは無理なんだろう。
「じゃあ、みなさん、許可とかとらずにやっているんですかね?」
「多分…。募金箱を設置するのに、警察から許可を取らないのと同じで
みなさん、ご自身の判断でやっているのでは」
と。

大都市とかならそういう事もシステムとしてあるのかもしれないけど
こういった小さな島だと、いまいちそういう体制も整ってないのかも。

まあ、来週は
Ma Jolyでのチャリティーバザーもあるし
http://www.ma-joly.com/

10:00〜午後2:00までです。
私は募金活動とメッセージ集め、そして
写真でその模様をお伝えします。
バリにいらっしゃる方は是非遊びに来てください。
ボランティア団体のジャンベ演奏等もあります。





北海道でチャリティーバザーをしたあきさんも
来週バリにくる予定なので、サヌールあたりで一緒に何かできたら。



23日はmiammiamさんが
エッフェル塔の前でLove for Japanのメッセージ活動をなさるそうです!
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5563130


雑貨バイヤーの最終選考に残ったmackyさんも
ケンタッキー州でされるそうですよ〜!


そういえば、以前JoyoさんがiPhoneやら何やら無くした事件がありましたが…
実は、彼、バイクで滑って、バッグを道に落としてしまったんです。
そしてそれに気づかずにバイクで走ってしまい
ハッと気づいて戻って来ると、
バッグの物から、金目じゃないものが点々と…。
ま〜これは、完全に本人が悪いんですけど。

けど、ここから。
しばらくして、なんと彼のバリ人の友達に、その拾った(?)と思われる人物から
電話がありました。
おそらく、携帯を調べてたらバリ人の名前があったので、その彼に電話をしたのでしょう。
その人とバリ人の友人が話したところ

「お前のiPhoneはもう売っちゃったけど、
免許とかまだ持ってるから、

お金くれるんなら返してやるよ」

「ええええ!!!???」


よくもまあ売っちゃったとか、いけしゃあしゃあと…
そして、自分には価値のない本人の免許とかを売りつけるとは

で、それをバリ人の友達に、
「それ、ちょっとありえないんですけどー!!!!!
日本だったら、軽犯罪の域だって!!!」
と言ったら
「なんで???免許が安い値で返ってくるんだったら、またわざわざとりにいくより、
よくない?彼は、親切心でそういったんじゃないかな」
「ええええええええ!!iPhone既に売っといて、親切心??」
「それ、こっちだったら、普通の感覚だよ」
「本当に!!!!君もそういう立場だったら、そういうことするの!?」
私があまりにもびっくりしてたので
「しない、しない…」と彼は困った顔で言っていましたが…

で、結局、次の日に電話して返すといっていた彼、
電話が繋がらず、返ってこなかったんですけどね!

まあ、しようがないので免許は取り直し。

かなり価値観の違い…というのを感じてしまいました。
ってゆうか、日本が特殊なんだろうけど。
現金が落ちてても交番に届けたりするし。
お財布もかなりの確率で返って来るし。

いや、けれど、拾った物を全く罪悪感無く売ったりして、
その本人に電話をかけてしまうというのは、感覚的にかなり分からない。


ベトナム行った時も、
空港のトイレに行ったら外国人が全員列に並んでいるのに
ローカルの女子二人が堂々と割り込んで行ったのを見て
なんじゃありゃ!列があったら並ぶのは世界的常識なんじゃないのか!
と怒ったら
自分の国の常識を押し付けるな!と逆に言われた事がありました…。

どこまでが郷に行ったら郷に従え か分からなくなる時があります。
けど。日本人的モラルはやっぱり、世界に誇れるものだと思います。
今回の震災の件もしかり。


写真はカデの家のBBQより。





コメント
価値観の違い って海外に行くと驚くけど
良く考えたら 日本人同士でも 結構違うよね
納豆食べれたり 食べれなかったり
腐ってるじゃん!って思うか 
ちょうど良く発酵してる って思うかとかね

モラルは確かに違う と思う事はあるけど
それは日本の方が世界的に異質なんだろうね〜
最初にベトナムに来た15年以上前は ひったくりや
スタッフの窃盗に気をつけないと と言われてたけど
お金を誤摩化すのは日本でも幾らでもあって
その人の道徳心とかの問題もあるとは思うんだけど
そういう場面を作らないようにしないと とも思う

今回の震災で 多くは日本人のモラルを評価出来るけど
それでも ホテルで福島県民お断り とか
被災地から避難した子供達にいじめがあったり
悲しいニュースも目にするよね
ベトナムでも多分バリでも 日本人以上にモラルの
高い人もいると思うよ
多数決的に 日本人の多くがこうだ ってのは
あるんだろうけど 結局は 個人 ってことかな
と思う今日この頃です
  • lurka lurkey Sachiko Trang
  • 2011.04.18 Monday 00:33
食べ物の好き嫌いみたいなものは
価値観の違いじゃなくて単純に好みの問題だから
ちょっと違うと思うのだけど
(という話を、大学の心理学の教授が良くしていた。
価値観の違いと好みの違いを混同するなということ)

確かに個人レベルで違うのはもちろんある。
ベトナム人や途上国の人々のモラルが低いとは思っていない。正しいモラルなんてないのかもしれないけど。

でも例えばお財布が返ってくるのが
世界的に異質な事でも
それは世界に誇っていい
日本人のいい意味でのモラルの部分だと思う。
もちろん、悲しいニュースも聞く。
でもそれ以上に、このどうしようもない非常事態で、本当にみんな我慢強くがんばっていると思う。
他の国だったら、きっともっと酷い事になってたんじゃないか…。

海外にいって、
たとえそっちの文化が人の拾った物を売ってもいい
列に割り込んでいいという文化があったとしても
私はそういう部分は変えたく無いなあと。
  • Sandy
  • 2011.04.18 Monday 00:57
まあ、でも補足すると
今回の募金で誰よりも協力的だったのは
観光できた外国人ではなく
ローカルの、決して裕福とはいえない
おじちゃん、おばちゃんたち。
そういう部分のモラルだとか優しさだとかは
本当に、ベーシックに素晴らしいものだって
感じたんだ。
だから、ひとつのケースだけ見て
モラルが高い、低いとかは分からない。

自分の美学として、ケースバイケースで
尊敬できる方を柔軟にチョイスしていけばいいのかも。
  • Sandy
  • 2011.04.18 Monday 01:11
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album